無料
エロ
動画

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

 

爆乳JKのセックス




「○○さんは学生なの?」 「はい、まだ2年です」 「楽しそうねぇ〜。どこ行ってるの?」 「○○大学です、○○にある」 「あらぁ!もしかしたらアタシの爆乳JKの知り合いいるかも」 話によると美和さんは27歳で旦那さんと2人暮らし。 結婚して2年目で、以前は某有名一流企業で爆乳JKをやっていたらしい。 旦那さんはIT系の会社で働くサラリーマンで、かなり不規則な生活らしい。 美和さんはマジで美人で、モデルさんか?と思うぐらいスタイルも良好。 パッと見、松下奈緒っぽい目鼻立ちがハッキリした美人なんです。 これで爆乳JKですから、セックス出来る旦那さんが羨ましいと心底思いました。 そのセックス出来る旦那さん1回見た事あるんだけどさ、世の中やっぱり金か!ってwセックスしてぇ。でも、心斎橋 風俗行くしかない。 朝のジョギングが俺の那覇市 デリヘルがささやかな楽しみだったわけだが、ある日急展開する事になった。 27階には読書スペースみたいなのがあって、夜景も見れるしソファーも自販もある場所なのね。


爆乳娘のアナル舐めフェラチオ




コリコリと子宮に亀頭があたり、それだけでも相当気持ちがいい。 服の上からオッパイを掴んでたけど、やっぱり電マでオナりだした爆乳の全裸が見たくなった。 ベッドへ移動しようと一度チンコを抜いたら、「なんでっ?」という顔の爆乳奥さん。 「こっち行こうよ。アナルフェラチオもして欲しいし」 爆乳奥さんを立たせてベッドへ連れて行きました。というか歩いて数歩だけど。 立たせまま爆乳奥さんの服を脱がせました。 全裸にしてビックリ。 体にはどう見ても縛り跡みたいな赤いラインが・・・ 胸に四角というか菱形みたいな跡もあるし、脇腹にも数本のライン。 「もしかして縛ってんの?アナルフェラチオも?」 「うん・・・・アナルフェラチオもする・・・」 こりゃ〜たまらん!と押し倒し即入れ。 正上位の次は騎乗位に移り、これがまたすごい騎乗位で。 俺の胸に手を置き腰を動かしてたんだけど、これがホントに半端じゃない動きでした。 思わず左右のケツを、パンッ!と引っ叩いちゃって、でもそれがまた興奮するって言うし。


爆乳お姉さんに調教




「ほら言ってごらん?」 「んあっ・・・バックが・・・いい・・」 「よし!じゃ、バックから犯してやるよ・・」 爆乳お姉さんをバックから突くと、今まで以上に喘ぎだしました。 「あっ、あっ、あーっ!!だめっ!もういっちゃうっ!イッちゃうぅ〜っ!」 バックで突かれながら爆乳お姉さんのオッパイを調教しながら鷲掴みにして揉みまくりました。 すると爆乳お姉さんは勝手にいってしまいました。 イッている間、おまんこの中がウネウネ動いているんです。 相当スケベで調教された心斎橋 風俗な体でした。 神戸 ヘルス 求人の正常位の体勢にして、私は休みなくぶちこみました。 初めは声も出ない状態でしたが、途中からまた喘ぎだしていました。 忘れていましたが、調教だから生で入れていたんです。 「あぁ・・・もうイキそうだ・・・中に出してもイイよね?」 「いやっ!・・それはダメっ!外に・・・あっあっ・・外に・・してっ!」 「じゃ〜口に出してイイ?」


爆乳エロお姉さん




「こんばんは、 ご入会希望ですか?」 「はい、パソコンを短期間でマスターしたいのですが?」 「かしこまりました。どうぞこちらへお掛け下さい」  僕は、勧められるままに、20代の爆乳エロお姉さんの向かいに、座りました。 「私、当教室の受付をしております藤堂と申します。よろしくお願いいたします。」 「あっ・・・、こちらこそ、よろしくお願い致します」 「申し訳ありませんが、こちらにご記入して頂けますか?」  僕は、爆乳エロお姉さん藤堂さんの差し出した、入会申込書に記入することになりました。  書き終えて、差し出すてみると、爆乳エロお姉さん藤堂さんから、パソコンに関する説明などを受けて、短期集中個人レッスン希望であることと、学費半額補助を会社で受けることなどを伝えた。 「△△△商事の方でしたか、いつもお世話になっております」 「それでは、いつもの特訓コースということで、ご用意致します」


爆乳のバックでおっぱい揺れ揺れ




改札を入る寸前にやはり加藤から電話が掛ってきて、爆乳の私はまた地上へと歩き出しました。 待っていた加藤は爆乳の私を見つけると無言のまま歩き出して、タクシーを拾ってから「早くおっぱいも来いよ」と手招きした。 お酒の力を借りても私には虚脱感だけが押し寄せて、逃げる事も出来ずに言いなりになりました。 連れて行かれたのは前回と同じ外資系のホテルでした。 部屋へ向かう間、加藤は自慢げに「俺はいつもここを使ってるんだよ」と喋っていました。 爆乳で手コキのスペシャリストの同級生が働いていて、事前に言えば格安で泊まれるようです。 エレベーターでは馴れ馴れしくおっぱいに手を回してきて、時々おっぱいまで触ってくる加藤。 部屋は前回と同じタイプの部屋で、またあの時のバックの記憶がフラッシュバックのように甦ってきました。 「もうバックだけはヤメて下さい」 爆乳の私は煙草を吸いながらビールを飲む加藤に懇願しました。


close